最近は赤ちゃんのお肌に合ったベビーソープはお肌にやさしいという認識が少しずつ高まっているように感じます。

敏感肌向けとか乾燥肌向けという化粧品も増えていますが、
皮膚が薄くデリケートで乾燥しやすいという赤ちゃんのお肌にとって優しいベビースキンケア以上の優しいものってあるのかな?とも思います。

もちろんベビースキンケア化粧品が全てお肌にやさしいとは限りません。
たくさんあるベビースキンケア化粧品の中でも赤ちゃんのお肌の特徴にあわせて作られたやさしいものである場合です。

ではベビースキンケア化粧品の一つであるベビーソープは敏感肌や乾燥肌の方の洗顔として使用するのはどうでしょうか?

赤ちゃんのお肌にやさしく作られたベビーソープであるならば、敏感肌や乾燥肌の方の洗顔にもおすすめです。

ベビーソープが全てお肌にやさしいとは限らないので、あくまでも赤ちゃんのお肌にやさしく作られたベビーソープであるならばということになります。

それでは赤ちゃんのお肌にやさしいベビーソープであるかどうかの見極めポイントをご紹介しておきます。

■洗浄成分がアミノ酸系などの適度な洗浄力でお肌にやさしい成分を使用しているか?
■無添加の対象成分となっているのはどのような成分で何種類無添加があるのか?
■使用されている成分がそれぞれ、お肌への負担の少ないものが使われているか?
■成分の配合数は多くないか?(なるべくシンプルな方がおすすめ)

だいたいこのような4つのポイントを確認していけば、よいと思います。
2つめと3つめは内容が被る部分がありますが、
成分についての知識がない方がほとんどだと思いますので、そのような場合はどんな成分が無添加になっているかを確認し、ご自身の思う安心安全基準と照らし合わせて納得いく内容かどうかを確かめれば良いと思います。

こういった基準で選んだベビーソープは敏感肌や乾燥肌の大人の方の洗顔としてとてもおすすめできるものとなっています。

敏感肌や乾燥肌でお困りのみなさんは是非赤ちゃんのお肌にやさしいベビーソープを試してみてはいかがでしょうか?

ベビーソープの選び方といっても色々あります。
それは当然です。選ぶ基準は人それぞれだからです。

ある人は、価格を重視しますし、ある人は使いやすさを重視します。
またある人は香りを重視しますし、ある人は赤ちゃんの肌トラブルの有無を重視します。

基本的にはお母さんは我が子のお肌が何もトラブルなく過ごして欲しいと願っているはずです。

なので、価格や使いやすさや香りが選ぶ基準となっている場合は、
赤ちゃんのお肌のことを気にしていないのではなく、現状赤ちゃんのお肌にトラブルが起こっていない、もしくは、ベビーソープなどが赤ちゃんの湿疹等の肌トラブルと関係するとは思ってもいないのどちらかだと思います。

スキンケアとお肌のトラブルが関係していると思っていない方はたくさんいらっしゃいますので、そういった場合はちょっとした知識を身に付ければ良いだけですし、現状赤ちゃんの肌にトラブルが起こっていないにも関わらず、よりよいスキンケアを試そうという方は稀だと思います。

それでは、赤ちゃんのお肌の特徴から見えてくるベビーソープの選び方について質問形式で説明していきたいと思います。

■赤ちゃんにスキンケアはそもそも必要?
赤ちゃんのスキンケア、ベビースキンケアとも呼んだりしますが、答えは必要です。
なぜなら、赤ちゃんのお肌というのは大人の乾燥肌や敏感肌とよく似ているからです。
乾燥肌や敏感肌の方は使う化粧品などを慎重に選びますよね?それと同じだと思ってください。

■どうして赤ちゃんの肌は大人の乾燥肌や敏感肌に似ているの?
赤ちゃんのお肌というのは大人と決定的に違う点があります。それが皮膚の薄さです。
圧倒的に大人よりも赤ちゃんの皮膚の方が薄く、そのため、外的な刺激に弱い敏感肌であり、皮膚が薄くお肌の含んでいる潤いの量が少ないため、乾燥しやすいのが赤ちゃんのお肌。
そのため、大人の乾燥肌や敏感肌に似たお肌と言えます。

■ベビーソープの必要性は?
赤ちゃんのお肌は非常に汚れやすい!これはかなりのポイントです。
お肌は汚れた状態が続くと汚れがお肌への負担になるだけでなく、汚れによって雑菌などが繁殖したり、お肌の毛穴を塞いだりします。そうなると乳児湿疹のようなお肌のトラブルを引き起こしやすくなるため、しっかりと清潔を保ってあげることが必要です。
そして、赤ちゃんのお肌が汚れやすい理由としては、
「汗っかき」「新生児の頃は皮脂分泌が多い」「新陳代謝が活発で垢がでやすい」などの理由が挙げられます。

以上の3つのポイントをまとめますと、
赤ちゃんのお肌には乾燥肌や敏感肌の大人と同じくらいお肌への優しさを考慮してあげる必要があり、汚れをしっかりと洗って清潔に保ってあげることが肌トラブル防止につながるということになります。

つまり、赤ちゃんのお肌の特徴からわかるおすすめのベビーソープというのは、
お肌に優しく、乾燥から守ることのできるベビーソープということになります。

赤ちゃんの乳児湿疹にお悩みのママのために乳児湿疹ができにくいお肌を目指すための予防ケアについてご紹介したいと思います。

乳児湿疹には汗疹やおむつかぶれ、ニキビ、脂漏性湿疹などがありますが、
共通していえることは、お肌の不衛生と乾燥によるお肌のバリア機能の低下が原因となりやすいということです。

お肌の不衛生に関係してくるのがベビーソープ
お肌のバリア機能の低下に関係してくるのがベビーローション
となります。

汗だったり、皮脂だったり、排泄物だったり、垢などを洗ってお肌を清潔に保つのにベビーソープを使用しますし、カサカサ肌になりやすい赤ちゃんのお肌を乾燥から守るためにベビーローションで保湿ケアをしてあげます。

ただ、もしお肌を清潔にしたり、お肌を保湿したりするだけでよいのであれば、どんなベビーソープでもどんなベビーローションでも良いということになります。

もちろん、乳児湿疹予防対策としては選ぶポイントがあります。

それは、「低刺激」ということです。

ベビーソープもそうですが、特にベビーローションはお肌への優しさが欠かせません。
なぜなら、ベビーローションはベビーソープと違ってお肌に塗りっぱなしになるからです。

そのため、ベビーローションの配合成分はお肌へのやさしさを基準に厳選されていることが重要です。

お肌への優しさ基準とはなんでしょうか?
安全や危険と思う基準は人それぞれではありますが、
ある程度の確認ポイントは必要かと思います。

オーガニックかどうかでしょうか?天然由来や自然由来であるかどうかでしょうか?
無添加かどうかでしょうか?

いかにもお肌に優しそうなキーワードですが、
そういった言葉が冠せられているからといってお肌に優しいとは限りません。

オーガニックは植物由来成分ですが、植物由来が必ずしもお肌に優しいとは限りませんし、天然由来なども同じく、やさしいとは限りません。

無添加については、その内容が大切です。
どんな成分が無添加なのかを確認しましょう。

他にも成分の配合数、配合成分一つ一つがお肌に優しいかどうかなどを選ぶ基準にされると乳児湿疹対策の保湿ケアとして最適なベビーローションが見つかるのではないでしょうか?

赤ちゃんの乳児湿疹にお困りではないでしょうか?
ブツブツの湿疹がいっぱいできたり、痒くて掻きむしったりしている我が子の姿がかわいそうで何とかしてあげたいというママさんも多いと思います。

そんなママのために是非知っておいて頂きたい
ベビーソープ選びによる乳児湿疹対策をご紹介します。

ベビーソープなんてどれも同じでしょ?
と思っていたら大間違いです。

色々なベビーソープのレビューを見ていたらわかると思いますが、
以前どこどこのベビーソープを使っていたら湿疹がひどく、これに替えたらすっかり良くなりました!といった内容を多くみかけます。

もちろんベビーソープは医薬品でもなんでもないので、
乳児湿疹を治すことなんてできるはずもありません。

なのに、ベビーソープを替えたら赤ちゃんのお肌の状態に変化が見られる。
これっていったいどういうことなのでしょうか?

ベビーソープの化粧品としての働きって
まず、お肌の洗浄です。

そして、保湿成分などが入っているのでお肌の保湿などもあります。

お肌の洗浄自体はベビーソープであれば、どれでも可能なわけ(そもそもお肌をキレイにできないベビーソープはベビーソープではない)ですが、
違うのは洗浄力や脱脂力、肌への刺激です。

配合されている洗浄成分の種類によってお肌への負担も変われば、皮脂の落とし具合も変わってきます。

つまり、乳児湿疹対策としてベビーソープを選ぶ際には、
配合されている成分一つ一つの肌への刺激が少ないこと。
洗浄成分が必要な洗浄力を持ちながら、皮脂を奪い過ぎないような成分を使っていること。
そして洗い流してしまうといっても乾燥対策として必要な保湿成分が配合されていること。
この3つの点を抑えながらベビーソープを見分けていけば
お子様の乳児湿疹対策として健やか肌を保つのに役立つベビーソープを見つけれるのではないでしょうか?

化粧品のジャンルってたくさんわかれています。

普通肌用の化粧品もあれば、
敏感肌用や乾燥肌用、脂性肌用、年齢肌用、そして赤ちゃん用です。

細かく分けるともっとたくさんあるかもしれませんが、
だいたいこんな感じです。

敏感肌用というのは基本的に低刺激にこだわった化粧品
乾燥肌用は保湿力にこだわった化粧品
脂性肌用は皮脂を落としてスッキリを目指す化粧品
年齢肌用はエイジングケアを目的にした化粧品
赤ちゃん用は低刺激&高保湿かつシンプルな化粧品です。

赤ちゃん用がどうして低刺激で高保湿でシンプルな化粧品となっているのかといいますと、
赤ちゃんのお肌が大人とは違うからです。

何が違うかといいますと、皮膚の薄さです。
赤ちゃんは大人の皮膚の3分の1程度の薄さしかなく、
とにかく刺激に敏感、そして皮脂分泌も不安定で肌の潤いが失われがちの乾燥肌傾向、そしてアレルギーなどの反応も起きやすいので、なるべくシンプルな方が良いわけです。

基本的にスキンケアで何をするのかというと、
清潔・保湿です。

しかも、もしお肌が健やかな状態であれば、最低限のケアだけで十分で、
必要以上にケアしてもあまり意味がありません。

エイジングケアは確かに女性ホルモンの分泌の減少や皮脂分泌の減少などという年齢によるお肌力の低下がみられるので不足しているものを補うケアという意味で個別なケアが必要かもしれませんが、それ以外でいうと清潔&保湿ケアで十分です。

ということで、赤ちゃんのお肌に優しい赤ちゃん用の化粧品というのは、
赤ちゃんだけでなく、敏感肌・乾燥肌・脂性肌・普通肌の方のケアにも最適ということです。

脂性肌の場合はインナードライタイプのケースが多く、それはつまり乾燥肌なので、皮脂を落とし過ぎるよりもお肌に水分を与えてあげるケアが適切だったりします。

どんな化粧品を使ってもお肌に合わない、ヒリヒリする、という方は一度赤ちゃん用のスキンケア用品を使ってみると良いかもしれません。

赤ちゃんのお肌って実は大人のお肌よりも乾燥しやすいことはご存じですか?

お肌の乾燥は肌トラブルにつながります。
そんなデリケートな赤ちゃんのお肌には潤いを残しながら洗い上げる無添加ベビーソープ「Dolci Bolle ドルチボーレ」がオススメです。

赤ちゃんの肌トラブルにはアセモ、乳児湿疹、アトピー、おむつかぶれなどがありますが、
そういったお肌のトラブルを起こしやすくなるのがお肌の乾燥です。
お肌が乾燥するということはお肌が本来持つ外からの刺激から自らを守るためのバリア機能が弱るということでもあります。しっとりと潤った健やかなお肌であれば、多少のお肌への負担にも耐えることができてもお肌の状態が良くないとそういった負担によってトラブルの原因となります。

だからいくらピュアな赤ちゃんのお肌と言っても乾燥しがちなお肌を乾燥から守ってあげるケアが大切となります。
それと、赤ちゃんのお肌はとても汗かきです。
汗が出る汗孔は赤ちゃんも大人も同じ数だけあります。でも赤ちゃんのカラダは大人よりも小さいので汗孔がとても密集した状態となっています。

汗を放置しているとあせもにもなりやすくなり、さらには汗と皮脂を餌とする雑菌が増殖します。
だからこそ入浴時にはしっかりと汗や汚れを洗い流してあげることも大切。

つまり、赤ちゃんのために必要なのはしっかりと汚れを洗い流し清潔なお肌を保ち、さらには潤いを残しながら洗い上げてくれるベビーソープです。
そして、決め手となるのは無添加かどうか!デリケートな赤ちゃんのお肌にはやっぱり無添加が一番!

Dolci Bolle ドルチボーレのベビーソープはベビーシャンプーいらずで全身まるごと洗えます。
もちろん赤ちゃんおお肌への負担となりかねない、香料、着色料、シリコーン、鉱物油、石油系界面活性剤、旧表示指定成分、パラベン、アルコール・エタノールなどは全て無添加です。

そしてドルチボーレ最大の特徴としては、ベビーソープのベースとなる水が赤ちゃんのために作られた非加熱天然水「天使の希水」を使用しているということです。天使の希水は九州の佐賀県と福岡県にまたがる雷山の佐賀県側に位置する場所で採水された天然水で非加熱天然水として認められた良質な天然水です。

採水地より上には水を汚染する工場などがなく、昔ながらの環境が残っているので採水される水はとてもキレイな水なのです。

さらに人にとって欠かせないミネラルの一つで近年どんどん注目を浴びてきている成分である珪素(ケイ素)を含んだ水溶性珪素濃縮溶液の「UMO(ウモ)」が配合されています。珪素はお肌の形成をサポートする成分でもあり、お肌を健やかな状態へと整えます。

保湿成分に使用しているのもヒアルロン酸やPCA-NA、セラミドに類似した成分で植物性セラミドとも呼ばれる米から抽出されるコメヌカスフィンゴ糖脂質を配合、ヒアルロン酸やPCA-NaはNMF(天然保湿因子)というお肌に元々存在する保湿成分であり、セラミドもまたお肌に元々存在する細胞間脂質の成分です。

お肌に元々存在する成分だからお肌への負担も少なく、お肌をいたわりながら保湿します。

水と成分にとことんこだわったドルチボーレのベビーソープだからこそ、赤ちゃんだけでなく、デリケート肌の大人の洗顔、ボディソープ、デリケートゾーンの洗浄などにもお使い頂けます。

Dolci Bolle ドルチボーレの公式サイトはこちら⇒デリケートな赤ちゃんのお肌の為の無添加ベビーソープ「Dolci Bolle ドルチボーレ」の公式通販

とにかく頭皮環境を改善して髪本来の美しさを取り戻したい!
髪の悩みや頭皮の悩みから解放されたい!
という方にはオーセルシャンプーが断然オススメです。

頭皮や髪をいたわってくれるシャンプーというのは洗浄成分が優しい成分であることが第一です。
そして、髪や頭皮に潤いを残してくれるのも良質なシャンプーの条件です。

つまり、負担となる成分は少なく、髪や頭皮にメリットのある成分が多いほど良いシャンプーです。

なぜオーセルシャンプーが極上のヘアケアができるのかといいますと、
正確にはオーセルブランドの中のオアシスシャンプーですが、
まず、洗浄成分は頭皮や髪に優しい成分で作られています。
さらに保湿成分もたっぷりと入っています。

ここまでなら良質なシャンプーで終わるのですが、
オーセルオアシスシャンプーはそれだけではなく、
まずベースとなる水が違います!竹のミネラル水というのをベースの水として用いており、
髪や頭皮を健やかな状態へと導いてくれます。

さらには贅沢なほどの美容成分や毛髪補修成分が配合されています。
シャンプーの領域から美容液の領域に入りつつあるような極上のシャンプーがオーセルオアシスシャンプーです。

もちろんノンシリコンシャンプーです。
傷みきった髪をどうにかしたい!頭皮の乾燥をなんとかしたい!そういう方にオススメです。

極上のヘアケア体験!オーセルシャンプーの通販サイト

本当に良質なシャンプーはいちいちノンシリコンシャンプーであることをアピールしていないと感じます。
実際昔からの品質に定評のあるロングセラーシャンプーなどはノンシリコンシャンプーブームの前からノンシリコンでした。

ドイツ生まれのオーガニックにこだわったブランド「ロゴナ」も品質にこだわった製品作りを行っている化粧品ブランドです。

そんなロゴナのシャンプーは数種類ありますが、中でももっとも代表的で人気のあるシャンプーが
ロゴナ ボリュームシャンプー ビール&はちみつです。

なかなか見かけないですが、ビール配合のシャンプーです。
これにはちゃんと理由がありまして、ドイツではおばあちゃんの知恵として伝わっている話があり、
ビールは髪にボリュームを与えてくれるということです。

それをシャンプーに活かしたのがこのロゴナ ボリュームシャンプー ビール&はちみつです。
そして、シャンプーにはしっかりと汚れは洗い流しながらも潤いを与え、保湿することも大切ですが、
はちみつという超保湿力の高い成分が配合されていますので、髪にも頭皮にも潤いをのこして洗い流してくれます。

はちみつは日本でも美容家の芸能人たちがヘアパックなどで使用していることが紹介されてはちみつ美容もブームになりましたのでハチミツの保湿力をご存じな方も多いと思います。

髪と頭皮に優しく、ボリュームを与えてくれて保湿もバッチリなシャンプーがロゴナのボリュームシャンプーです。

アンナトゥモールシャンプーが何が何でもオススメな理由は実際に愛用していて、しかも髪のトラブルや頭皮トラブルを持つ知り合いに紹介して喜ばれたことしかないという実体験による信用からです。

成分は頭皮にも髪にも優しい洗浄成分でできています。
なにより自然派で無添加がこだわりの化粧品ブランドなだけあって、
旧表示指定成分が無添加で作られています。
防腐剤としてパラベンだけでなくフェノキシエタノールも配合されていません。

ローズマリーエキスによって防腐力を持たしているということのようです。

髪や頭皮にとって大切なことはできる限り負担をかけないこと。
そして乾燥させないように潤いを与え、保湿することです。

アンナトゥモールのシャンプーはまさに髪や頭皮にとって理想的な成分で作られたシャンプーです。
無添加シャンプーというのはよく見かけますが、
パラベン無添加や香料・着色料無添加といった内容が多く、これぞ無添加!といった内容のシャンプーはあまり多くありません。もともと無添加化粧品というのは本来であれば、旧表示指定成分が無添加の化粧品を指します。
アンナトゥモールシャンプーは無添加シャンプーにふさわしい頭皮にも髪にも優しく、潤いを与えてくれるノンシリコンシャンプーとなっています。

フケがおさまらない、頭皮に湿疹ができる、髪がパサパサ、髪のボリュームがなくなってきた。

そんな悩みを抱えているけれど、どんなシャンプーを選べばいいのかわからない!
そんな方に知っておいて欲しいことがあります。

シャンプーを選ぶ時にどんなことを確認していますか?
香りですか?口コミですか?サンプルを使ってみての使用感でしょうか?

髪や頭皮の悩みが全くない!という方はそういった選び方でもいいと思いますが、
何か悩みがあるという方は、選ぶ基準の最優先を成分にすることをオススメします。

理由は簡単です。シャンプーは化粧品であり、成分の組み合わせで作られています。
成分を見ればそのシャンプーの説明に書かれていることの真偽すらもわかります。
ウソはさすがに書かれていないでしょうが、この成分で髪にハリコシ・ツヤが出るなんて考えられない!ということはあります。もちろんハリコシを与える成分やツヤを与える成分は配合されていますが、それ以上に髪や頭皮に負担をかけてしまう成分だったりします。

つまり、成分を確認することでトラブルが起こる確率が下がります。
成分の中でも特に重要なのが洗浄成分(界面活性剤)です。
5個くらい覚えるだけでも全然選び方が変わってきますので、自分自身のためになることだと思って少しの成分を覚えることをオススメします。

シャンプーの専門通販サイトはこちら⇒シャンプー選びならお任せ!シャンプー通販!シャンプーオンライン

Theme by RoseCityGardens.com