ニキビ跡というのはニキビが治ったあとも残ってしまう痕です。

大きく分けて2種類ありまして、色素沈着型のニキビ跡と、凸凹クレーター型のニキビ跡です。

これらはニキビの炎症によって過敏に反応したお肌のメラニン分泌や、表皮の奥にある真皮にダメージを負ったことにより残ってしまいます。

そもそもですが、ニキビができるお肌というのはお肌の状態がよくありません。

だからこそニキビができやすくなり、そして、お肌が弱った状態ではアクネ菌との闘いも難しいので炎症が長引き、症状が悪化し、ニキビ跡も残りやすくなります。

お肌の状態が悪いのの特徴はお肌の乾燥です。

お肌の乾燥はあらゆる肌トラブルにとって敵です。最も良くないことです。

だからこそ保湿がとても重要になります。

乾燥したお肌というのは砂漠の砂に水をあげているようなものですぐに乾いてしまいます。

潤いを十分に与えたのちにしっかり潤いを閉じ込める保湿がとても大切。

潤いと保湿がニキビやニキビ跡など肌トラブル改善の基本となります。

しっかりと潤いを与え、保湿してくれる化粧品を探しましょう!

もう一つのポイントはお肌に優しいこと、美容成分が含まれていることです。

潤い、保湿、低刺激、美容成分をキーワードにして化粧品をお使いください。

Leave a Reply

Theme by RoseCityGardens.com