ノンシリコンシャンプーが流行っていますね。
色んな方とお話しをしていても、最近ノンシリコンシャンプーを使っているとかノンシリコンシャンプーいいみたい!とかシリコンが入っていると髪のキューティクルを一緒にはがしたり、毛穴に詰まって抜け毛の原因になったりするみたい!というお話を良く聞きます。これってインターネットで検索していても良く聞くお話でいろんなメーカーの謳い文句です。

メーカーのうたい文句がこれだけ一般家庭に浸透していることに驚きを感じました。
CMであれだけやってれば、ノンシリコンシャンプー=良いシャンプー、シリコン入りシャンプー=ダメなシャンプーという意識付けもできてしまうんですね。

しかし、キューティクルが一緒に剥がれるとか毛穴に詰まって抜け毛の原因になったりするというのはシリコンだけが原因でしょうか。シリコン自体は無害な成分なので直接髪や頭皮にダメージを与えることはありません。

むしろ髪や頭皮にダメージを与える成分は他にあります。
そのような刺激の強い成分によって頭皮や髪が傷ついているとしたら、むしろそれらの要因のほうがキューティクル剥がれや抜け毛の原因になりかねないとおもいませんか?

ダメージを受け、ボロボロになった髪、そこにコーティング剤としてのシリコンが表面にくっついている。
ボロボロになったキューティクルが剥がれる。それと一緒にシリコンも剥がれる。
こっちのイメージの方が妥当な気がします。
抜け毛に関しても、刺激を受けて弱った頭皮には元気がなく、元気でたくましい髪が生えてこない。髪が細くなる、抜け毛になる。そのようなイメージのほうが妥当ではないでしょうか。

そういった刺激の強い成分を配合しているノンシリコンシャンプーはたくさんあります。
もちろんシリコン入りシャンプーにもたくさんあります。
そういった刺激の強い成分に関して、きちんとこういう成分ですと教えてくれることはまずないでしょう。
そういった刺激の強い成分を配合していないという場合にのみ説明してくれるものです。
そうやって良いことはたくさん記載しますが、良くないことは記載しません。
当然のことですね。ですが、知識をつければそのような説明されていない成分についても判断できるようになります。
是非知識をつけて上辺だけの情報に惑わされないようにしましょう。

Leave a Reply

Theme by RoseCityGardens.com