赤ちゃんの乳児湿疹にお悩みのママのために乳児湿疹ができにくいお肌を目指すための予防ケアについてご紹介したいと思います。

乳児湿疹には汗疹やおむつかぶれ、ニキビ、脂漏性湿疹などがありますが、
共通していえることは、お肌の不衛生と乾燥によるお肌のバリア機能の低下が原因となりやすいということです。

お肌の不衛生に関係してくるのがベビーソープ
お肌のバリア機能の低下に関係してくるのがベビーローション
となります。

汗だったり、皮脂だったり、排泄物だったり、垢などを洗ってお肌を清潔に保つのにベビーソープを使用しますし、カサカサ肌になりやすい赤ちゃんのお肌を乾燥から守るためにベビーローションで保湿ケアをしてあげます。

ただ、もしお肌を清潔にしたり、お肌を保湿したりするだけでよいのであれば、どんなベビーソープでもどんなベビーローションでも良いということになります。

もちろん、乳児湿疹予防対策としては選ぶポイントがあります。

それは、「低刺激」ということです。

ベビーソープもそうですが、特にベビーローションはお肌への優しさが欠かせません。
なぜなら、ベビーローションはベビーソープと違ってお肌に塗りっぱなしになるからです。

そのため、ベビーローションの配合成分はお肌へのやさしさを基準に厳選されていることが重要です。

お肌への優しさ基準とはなんでしょうか?
安全や危険と思う基準は人それぞれではありますが、
ある程度の確認ポイントは必要かと思います。

オーガニックかどうかでしょうか?天然由来や自然由来であるかどうかでしょうか?
無添加かどうかでしょうか?

いかにもお肌に優しそうなキーワードですが、
そういった言葉が冠せられているからといってお肌に優しいとは限りません。

オーガニックは植物由来成分ですが、植物由来が必ずしもお肌に優しいとは限りませんし、天然由来なども同じく、やさしいとは限りません。

無添加については、その内容が大切です。
どんな成分が無添加なのかを確認しましょう。

他にも成分の配合数、配合成分一つ一つがお肌に優しいかどうかなどを選ぶ基準にされると乳児湿疹対策の保湿ケアとして最適なベビーローションが見つかるのではないでしょうか?

Leave a Reply

Theme by RoseCityGardens.com