気になる髪の悩み。それは実は頭皮に問題があるかもしれません!

まず最低限これだけはご自身で気を付けてくださいという内容をお伝えします。
食生活
生活習慣
ストレス
これらがきちんとできていないなぁと思い当ることがあるのであれば、まずそれらの原因はご自身で気を付けてください。

基本的なことですが、とても大切なことです。

髪も頭皮もカラダの一部です。偏った栄養しかとっていなかったり、ましてや身体を癒すのに必要な睡眠などが充分でないのにまともな髪や頭皮もありません。

ネットの情報は特にテクニックに頼った内容が多すぎます。
みなさんそれだけ深刻にお悩みということはわかりますが、生活習慣や食生活の乱れが原因となっている場合、
3日や一週間で改善されるわけありません。

シャンプーによる頭皮や髪のトラブルの場合でもシャンプーを変えればすぐに改善されるかといえばそんなことも言い切れません。

どんなケアでも最低1ヶ月、できれば3ヶ月は様子をみて根気よく続けることが大切です。

それではなぜ、髪の悩みが頭皮の悩みでもあるのかということについてお話しますと、
髪は頭皮から生えてくるからです。
髪と頭皮は密接に関係しており、頭皮環境が良くなければ美しい髪は望めません。

では頭皮をケアするにはどうしたらいいのか?
頭皮のケアは清潔に保つことと潤いを残すことが大事です。
そして忘れてはならないのが髪にも頭皮にもできるかぎり負担を与えないこと。

これらを満たすシャンプーが頭皮ケアに向いているシャンプーです。

マーガレットジョセフィンのシャンプーは頭皮にも髪にも負担の少ないアミノ酸系のノンシリコンシャンプーであり、また、潤いをたっぷりと与えるマリンコラーゲン配合。さらに頭皮環境を整えるSODという成分が配合されています。

だからこそマーガレットジョセフィンのシャンプーは頭皮トラブルにお悩みの方にオススメです。
パッションフルーツの香りも人気ですよ。

ニキビ跡というのはニキビが治ったあとも残ってしまう痕です。

大きく分けて2種類ありまして、色素沈着型のニキビ跡と、凸凹クレーター型のニキビ跡です。

これらはニキビの炎症によって過敏に反応したお肌のメラニン分泌や、表皮の奥にある真皮にダメージを負ったことにより残ってしまいます。

そもそもですが、ニキビができるお肌というのはお肌の状態がよくありません。

だからこそニキビができやすくなり、そして、お肌が弱った状態ではアクネ菌との闘いも難しいので炎症が長引き、症状が悪化し、ニキビ跡も残りやすくなります。

お肌の状態が悪いのの特徴はお肌の乾燥です。

お肌の乾燥はあらゆる肌トラブルにとって敵です。最も良くないことです。

だからこそ保湿がとても重要になります。

乾燥したお肌というのは砂漠の砂に水をあげているようなものですぐに乾いてしまいます。

潤いを十分に与えたのちにしっかり潤いを閉じ込める保湿がとても大切。

潤いと保湿がニキビやニキビ跡など肌トラブル改善の基本となります。

しっかりと潤いを与え、保湿してくれる化粧品を探しましょう!

もう一つのポイントはお肌に優しいこと、美容成分が含まれていることです。

潤い、保湿、低刺激、美容成分をキーワードにして化粧品をお使いください。

ニキビに悩んでいる方は多いと思いますが、
ではニキビはどのようにケアしたらいいのかその方法を知らない方もまた多いと思います。

一概にニキビの要因というものが限定しずらい為、本質を見極めることも困難ですが、
ニキビをケアするということはニキビ跡のケアにもつながるわけです。
ニキビケアというのは何も難しいことをしてくださいというわけではありません。

やることはただ一つ。これだけを心がけるのです。
それは、お肌の状態を健やかな状態に保つことです。

その為に改善しなければならないことは様々です。
スナック菓子ばかり食べて栄養バランスが乱れている人はまずバランスの摂れた食事を心がけること。
ストレスを溜めこんでいる方はストレスを上手に発散する方法を学ぶこと。

不規則な生活をしている方は規則正しい生活を心がけること。
運動不足で汗などを普段書かない方は汗腺が正常に働いていない可能性もありますので、
軽い運動で汗をかくようにしたり、半身浴をしたりしてみたり。

化粧品が合っていないような気がしたら化粧品を変えてみたり。
健やかなお肌の状態を保つには色んな見直しが必要となります。
そのうえでスキンケア化粧品選びを大切にすることです。
キーワードはお肌への「潤い」と「保湿」です。

ノンシリコンシャンプーが流行っていますね。
色んな方とお話しをしていても、最近ノンシリコンシャンプーを使っているとかノンシリコンシャンプーいいみたい!とかシリコンが入っていると髪のキューティクルを一緒にはがしたり、毛穴に詰まって抜け毛の原因になったりするみたい!というお話を良く聞きます。これってインターネットで検索していても良く聞くお話でいろんなメーカーの謳い文句です。

メーカーのうたい文句がこれだけ一般家庭に浸透していることに驚きを感じました。
CMであれだけやってれば、ノンシリコンシャンプー=良いシャンプー、シリコン入りシャンプー=ダメなシャンプーという意識付けもできてしまうんですね。

しかし、キューティクルが一緒に剥がれるとか毛穴に詰まって抜け毛の原因になったりするというのはシリコンだけが原因でしょうか。シリコン自体は無害な成分なので直接髪や頭皮にダメージを与えることはありません。

むしろ髪や頭皮にダメージを与える成分は他にあります。
そのような刺激の強い成分によって頭皮や髪が傷ついているとしたら、むしろそれらの要因のほうがキューティクル剥がれや抜け毛の原因になりかねないとおもいませんか?

ダメージを受け、ボロボロになった髪、そこにコーティング剤としてのシリコンが表面にくっついている。
ボロボロになったキューティクルが剥がれる。それと一緒にシリコンも剥がれる。
こっちのイメージの方が妥当な気がします。
抜け毛に関しても、刺激を受けて弱った頭皮には元気がなく、元気でたくましい髪が生えてこない。髪が細くなる、抜け毛になる。そのようなイメージのほうが妥当ではないでしょうか。

そういった刺激の強い成分を配合しているノンシリコンシャンプーはたくさんあります。
もちろんシリコン入りシャンプーにもたくさんあります。
そういった刺激の強い成分に関して、きちんとこういう成分ですと教えてくれることはまずないでしょう。
そういった刺激の強い成分を配合していないという場合にのみ説明してくれるものです。
そうやって良いことはたくさん記載しますが、良くないことは記載しません。
当然のことですね。ですが、知識をつければそのような説明されていない成分についても判断できるようになります。
是非知識をつけて上辺だけの情報に惑わされないようにしましょう。

私は肌が敏感なため、今まであまりピーリングはなるべくしないように避けてきました。
けれども、ピーリングで洗顔では取りきれない汚れや角質を取り除くこともとても重要だとは感じていたので、とても興味は持っていました。

ピーリングはやってみたいけれど、そのせいで肌が荒れてしまったらどうしようと思うと怖くてなかなか手が出せずにいました。
私が高校生の頃にthe body shopの全身用スクラブが人気で身体用ならと思い使ってみました。肌への負担が少ないようにお風呂タイムに使用し、香りもよく気に入ったのですが、お風呂から上がってしばらくすると使用した部分が少し痒くなってしまいました。

しっとりとした感じはあって大丈夫かもと思ったので残念でした。身体に使っても荒れてしまうくらいなので、やはり顔にはピーリングは使わない方がいいと思いそのまま数年はどんなピーリングもしませんでした。

高校生だったその頃以来ピーリングをしてみたのは、母が通っていたエステサロンで酵素洗顔を勧められて使っていてとてもいいよと、母に勧められた時です。スクラブのように擦って角質を落とすようなピーリングではなく、酵素の力で角質を分解して落とす方法なので、肌への負担が軽くなるので、毎日使用しても大丈夫というものでした。母が使っていて何のトラブルもなく、毎日使っても大丈夫というくらいなので、私も一度使ってみることに。使い方もとても簡単で、洗面器に酵素パウダーを入れて、洗顔フォームを入れよく混ぜて泡立て、いつも通りに洗顔するだけです。

洗いあがりもつっぱらず、ヒリヒリしたり赤くなったりすることもなく、つるつるになりました。時間が経ってもかゆみが出ることもありませんでした。この酵素パウダーは、シーボンというエステサロンの会社のもので、お値段がけっこうお高めなのが難点なので、本当は毎日使うものなのですが、3日に1回くらいのペースで使っていました。普通のピーリングが合わないという方にはすごくおすすめです。

この例からもわかるようにピーリング商品を選ぶ際にも成分がどのような成分かは非常に大切です。

ノンシリコンシャンプーが世間ではブームになりましたが、もともとはサロン専売品シャンプーにしかノンシリコンシャンプーはなかったのです。

しかもサロン専売品シャンプー以外の市販のシャンプーでノンシリコンシャンプーが登場したのはここ3~4年の間です。美容室やヘアサロンにて販売されていたサロン専売品のシャンプーですが、美容師さんによってオススメされる際にこれは市販のシャンプーには必ず入っているコーティング剤のシリコンというものが入っていないのです。

そしてこのシリコンは剥がれ落ちる際に一緒に髪のキューティクルも剥がしてしまうし、毛穴にも詰まってしまい、抜け毛などの原因になっているのです。このシャンプーにはシリコンは入っていないのでそのような心配がないですよ。

このような感じでサロンに通うお客さんの間でノンシリコンシャンプーが徐々に認知されていきました。美容師さんのいうことなのでもちろんお客さんも信用しますし口コミが発生します。そうやって口コミで人気が出ていく中その流行に目をつけたどこかのメーカーがノンシリコンシャンプーを市販のシャンプーとして販売しました。

これがきっかけでノンシリコンシャンプーがブームとなり、次から次へと新しいノンシリコンシャンプーが色々なメーカーから販売されて最近ではテレビCMでもノンシリコンをうたったシャンプーがたくさん登場し、極めつけは3秒に1本売れている!がキャッチコピーのジャパンゲートウェイが発売のレヴールが大人気となりました。

ノンシリコンシャンプーとしてはじめに目立った市販のシャンプーはアゲハモデルがブログで愛用していることを書いたことがきっかけでバカ売れしたヌーディオーラです。このシャンプーもジャパンゲートウェイのプロモーションです。

こうやって3~4年の間に一気に誰でもしっているというくらいまで認知されたのがノンシリコンシャンプーです。ただし、ただしですよ。安易にノンシリコンシャンプーだからオッケーとなんでもかんでもノンシリコンシャンプーであればいいと思わないでください。

髪や頭皮に良くないような成分で構成されているノンシリコンシャンプーはダメですよ。特に洗浄成分が優しい低刺激なものを使っているノンシリコンシャンプーを選んでください。

毎日の洗顔後に欠かせない美容液があります。
シーズラボというメディカルエステサロンで使われている「スキンリペアエッセンスEGFプレミアム」という美容液です。

以前は母が通っていたシーボンというエステサロンの美容液を使っていて、そちらも敏感肌の私にはとても合っていてよかったのですが、母がそのエステサロンに通わなくなってからは私も自然と使うのをやめてしまいました。その次に代わりに使いだした美容液が少し前から注目されているノーベル賞受賞成分のEGFが含まれている「スキンリペアエッセンスEGFプレミアム」です。

この美容液は本当におすすめで、肌が敏感過ぎるおかげで様々な化粧品を試してきた私が唯一それだけは変えずに使い続けています。この美容液を使うのと使わないのとではかなり肌の状態が変わってくるからです。20mlで¥10,290とお高めなのですが、これがないとどうしてもダメなので心持ち少なめで毎日使っています。

でも、お肌の状態がかなり敏感になっているときは朝・晩の両方使用し、ふつうの状態の時は夜寝る前だけ使用しています。例えば、乾燥するとかゆみを感じてしまうのですが、この美容液を洗顔後に塗布すると(気になるところは多めにつける)、うそのようにかゆみが消えるかましになります。EGFは細胞を修復する作用があるので、ちょっともったいないような気もしますが、傷に塗っても治りが早くなるそうです。

細胞修復ということなので、肌のトラブル全てに対応できる美容液ということになります。さらにこの美容液は、肌の奥のコラーゲンを作る力を倍増させるアセチルヒドロキシプロリンというコラーゲン増殖因子が配合されているので、お肌がふっくらとして、シワなどにも効果が期待できるようです。そして、この美容液に含まれるEGFは、ナノ化されているので、肌に浸透しやすい処方になっています。

Theme by RoseCityGardens.com